一般向けの企画 (6/16 多摩六都科学館)

6月16日(土)に多摩六都科学館にて一般向けの企画を行います。

「巨大加速器LHCで探る宇宙−Phantom of the Universe

プラネタリウム用に作られたムービーはパソコンの上で見るのと違い、大迫力です。
定員は120名です。申し込みは

https://www.tamarokuto.or.jp/event/index.html?c=event&info=1701&day=2018-06-16

からです。興味のある方は是非!

今年の13TeV pp run

今年の13TeV陽子・陽子衝突は本日で終了しました。
最終的には4.0fb-1ほどのデータをATLASでは取得できました。(LHC deliveredは4.3fb-1)
あとは5TeV runとHeavy ion runをやって今年はおしまいです。
現在、これらのデータを用いて冬の国際会議に向けた解析を進めています。

Run2に向けて - Run2 first beam through ATLAS

本日4/5にfirst beamがATLAS検出器を通過しました。
(ヨーロッパはイースター休暇中ですが)

https://twiki.cern.ch/twiki/bin/view/AtlasPublic/EventDisplayRun2Start

約2年ぶりのビームです。物理データ取得再開まで約2か月となりました。

CERN セミナー ATLAS H->tautauの最新結果

本日、CERNセミナーでATLAS H->tautauの最新結果が公開されました。
125GeV SM Higgsに対して4.1 sigmaのexcessを観測しました。(期待値は3.2 sigma)
4 sigmaを超えたということでLeptonとの結合もSMどおり存在する、とひとまず言っていいようです。
セミナー会場は満員で立ち見の方もたくさんいました。